ヒラメ

  1. 仕掛け

    幹糸8号 捨て糸5号

    ハリス5〜6号 捨て糸より20〜30cm長め

    餌 イワシ ー オヤバリを口の中から上あごに抜くか鼻に横からに刺し抜き、孫バリは尻から抜くか背びれの後方に掛けます
    イワシはすぐ弱るので、バケツで冷やした手で目を隠す様にやさしく包み込むように持ちます

    ハリ ヒラメバリ17号

  2. 釣り方

    仕掛けはゆっくりイワシからオモリの順に投入し、オモリが着低したら糸ふけを取り竿を水平に構えた時点で波の揺れで、オモリが海底に当たる程度に底を切って待ちます

    餌のイワシが海底から50cm位の層を泳ぐようにし、当たりが来たら大きく引き込む迄待って合わせます

    オモリを底に付けっぱなしにするとオマツリの原因になりますので、時々竿を2m程たててゆっくり沈めま直します、これが誘いになります

    又当たりが少ない時は10m程巻き上げて再びゆっくり落としてアピールするのも有効です

  3. 合わせ

    ヒラメはすぐに餌を飲み込みません、早い時で5秒遅い時で30〜40秒かかりますので早合わせは駄目です
  4.  
=ヒラメ〜仕掛け==






| HOME | 船釣準備 | 釣りマナー | ライフジャケット | 船酔い | 相互リンクについて | 相互リンク集 |ページTOPへ ↑
(C)Copyright 2011 海釣り・沖釣り講座&情報. All Right Reserved.
inserted by FC2 system