ヤリイカ〜釣り方

  1. 仕掛け

    プラヅノ11cmを使用します。
    以前は、2.4m前後の先調子竿で釣っていましたが最近では、1.8〜2.1mの8対2の先調子竿を使用する人が多くなっています。
    この竿ならヤリイカがツノに乗った変化もわかりやすく、オモリが重く水深があるヤリイカ釣りには楽です。

    PEライン(道糸)は、2号〜4号を使います。


  2. 釣り方

    イカの群れは高速です。少しでも早く仕掛けを送り込む事が大事で、PEラインは細い方が仕掛けが早く送り込めます。
    仕掛けが底についたら糸ふけを巻き取り、ソフトに1mまた1mと誘い上げます。やさしく大きく誘い、底から15m位まで探ります。これらの繰り返しですが、それでも乗らなければ一気に40〜50m仕掛けを巻上げて落とし直します

    ツノはシングルカンナ、ダブルカンナどちらでも良いです
    ツノの数はプラヅノ11cm5〜8本位ですが、そのなかに浮きスッテを1〜2本入れると乗りが良い感じがします
    それにその日の当りヅノを見つける事です


  3. 夜ヤリイカ

    パラシュウ―トアンカー(シーアンカー)が入れられて集魚灯が灯されてイカを上層に集めて(海面から40m位まで)の釣りになる。浮スッテ2.5号が定番です。
    ブランコ式だとサバが食いついてきて仕掛けが下まで落ちていかない事があります。それにその日の当りヅノを見つける事です
  4.  

ヤリイカ〜仕掛け







| HOME | 船釣準備 | 釣りマナー | ライフジャケット | 船酔い | 相互リンクについて | 相互リンク集 |ページTOPへ ↑
(C)Copyright 2011 海釣り・沖釣り講座&情報. All Right Reserved.
inserted by FC2 system